セキュリティシステムの必要性での色々なウイルスの種類や方法の説明とインターネット内の状況などを書いています。

セキュリティシステムをどう活用すべきか

セキュリティシステムでの防御すべき対象

セキュリティシステムをどう活用すべきか
セキュリティシステムでは何から防御しなければならないかということですが、ウイルスということで簡単な答えが返ってきます。しかしウイルスと言っても色々な種類がサイバー攻撃として使われています。幾つか挙てみると、ネットワークなどの内部のシステムの破壊行為をするもの、乗っ取り型のもの、情報をこっそり盗むものもあります。スパイウェアなどです。また弱点を発見するもの、条件がそろうと動き出すものなどもありますが、最近はその他にもシステム自体をロックして恐喝などをしてくる悪質なものまであります。また異常があるという嘘の表示をして騙すという手法もあります。案外引っかかるものです。心理的なウイルスということでしょう。

そのように色々な悪意ある第三者の罠が張り巡らされているということで、いうなれば治安の悪い国を旅行しているようなものがインターネットの利用だということになると思います。そうなるとそこでビジネスをしていたり、利益などをやりとりしたり、お金を保管したりする場合には、対策が必要になるということで、セキュリティ対策専門の企業などからシステムを構築してもらう必要があるということになります。防衛システムの構築ということです。