能力があればどんどんシステムを改良していけますが、足るを知って分をわきまえることが楽しみにつながると思います。

セキュリティシステムをどう活用すべきか

システムについて詳しくなりすぎないことも

セキュリティシステムをどう活用すべきか
コンピューターシステムについてはからっきし知識のない私ですが、もし多くの知識を持っていたら、ノートパソコンにしろ、デスクトップパソコンにしろ、どんどん改良したくなってしまって、それはそれで困るかもしれないと思います。なまじ知識があるとどんどん上をめざし、もっとよくしたいという想いが強くなりますので、足るを知るという状態に落ち着けないでしょう。そのため、むしろ知識がないことで、今与えられた環境で満足出来、かえっていいのかもしれないとも思います。もちろん、知識は財産ですので、たくさんあるに越したことはないのですが、ありすぎても困るのかもしれません。

知れば知るほどに、もっとよくしたいと思うのは、人間の本能です。それは決して悪いことではなく、むしろいいことです。けれど、コンピューターの世界のように、進めども進めどもまだまだ先がある場合、究められないことがストレスになるかもしれません。また、分不相応なことを願っても困りますので、自分にとって必要なセキュリティシステムがあり、そのおかげで楽しめてラッキーだと思うくらいのゆとりを持って向かい合えた方が、結局のところ幸せなのかもしれないと思います。それが、分をわきまえるということと通じる気がしています。

話題になっているシステム、ユーザーが多いこのサイトがお勧め♪