企業としては大事な情報を預かっているという認識を持って、システムの利用を検討してもらいたいものです。

セキュリティシステムをどう活用すべきか

企業が管理するコンピューターシステムは

セキュリティシステムをどう活用すべきか
最近、情報漏えいに関する対策強化に乗り出す企業が増えてきました。先日、ある幼児教育の企業から顧客の名簿が盗まれるという事態が発生し、この会社は顧客に対し、後日、金券を送ってお詫びをしたと、インターネットのニューストピックスで見ました。会社としては信用を失墜した上に、余計な費用まで掛かったわけですので、大きな損害につながる恐れがあるのが個人情報の管理だということを、改めて感じたのではないでしょうか。個人情報保護法という法律が制定されたことも大きいのでしょうが、今やどこで情報が独り歩きしているかわかりません。

問題は、その情報が悪いことに利用される不安であり、それがなかった時代は、みんな気軽に懸賞応募などをしていたと思います。住所や名前を書き込むにも、今ほど抵抗を感じなかったものですし、悪いことに利用されるとは思ってもいませんでした。今はもうそういう時代ではなくなりましたので、今後、コンピューターシステムにおいて、個人情報管理の分野はますます改良が求められ、徹底したセキュリティが必要とされていくのは間違いないでしょう。それくらいできて初めて、企業の管理能力は合格といえる時代になったのだと思います。

話題になっているシステム、ユーザーが多いこのサイトがお勧め♪